Fractalmusic

Fractal Music

Algorithmic Composition:
The works listed here as examples are of a type generally referred to as algorithmic compositions. It is a new way of expression that is made possible by describing musical structures and knowledge using data and algorithms. The advantage of using an algorithm is that the sound manipulation can be automated by letting the computer perform the symbol manipulation. And that music can be connected to structures and models outside of music through the medium of symbolic manipulation.

Algorithmic composition does not directly write notes on a staff, Instead, a computer program is created, much like a recipe for a dish, from which the notes are generated.

Fractal Music:
In these five works, the computer calculates in real time a numerical structure, generally called a nonlinear structure. The computer then maps the computational process to a sound structure consisting of pitches, dynamics,  durations and combinations of those.
The computer plays a computer-controlled Bösendorfer on stage, recorded it in the hall.

Mandelbrot Set 1
Chaotic attractor
Mandelbrot Set 2
Cellular automaton
Julia set

 

 

 

フラクタル音楽

アルゴリズム作曲:
ここにいくつか例としてあげた作品は一般にアルゴリズム作曲といわれる
タイプの作品で、音楽の情報処理によって生まれた音楽です。
音楽の構造、知識をデータやアルゴリズムによって記述することによって可能になる、新しい表現方法です。
アルゴリズムを使うのメリットはシンボル操作をコンピューターにやらせれば
音の操作を自動化できること、そしてシンボル操作を媒介として
音楽を音楽外の構造やモデルに接続できることです。
アルゴリズム作曲では直接、音符を五線紙に書き付けるのではなく、
お料理のレシピのようなコンピュータプログラムをつくり、それから音符が生み出されます。

フラクタル音楽:
ここにある5つの作品は、一般に非線形構造とよばれる数的な構造をコンピューターが実時間で計算し、の計算過程を音の高さや強さ、それらの組み合わせからなる音の構造にマッピングしたものです。
コンピューターがコンピューター制御されたベーゼンドルファーを舞台で演奏し、
それをホールで録音したものです。

  マンデルブロー集合1
  カオティックアトラクター
  マンデルブロー集合2
  セルオートマトン
  ジュリア集合

 

//メディア特論、作品=カオティックアトラクター  https://youtu.be/xWPea6oqJwA