ARCHITECTURE DREAMS MUSIC

プロジェクト 「建築が夢見る音楽」

 – 建築空間体験と音楽体験の共鳴- (English Below)

古川聖、藤井晴行、濵野峻行

>>> 参考MOVIE

page2image8562848.png

はじめに

私たちが行ってきた一連の研究は建築空間と音楽作品を同時生成する自己開発したコンピュータプログラムを使い、目で見、耳で聴きながら実験をくりかえし、建築と音楽はモダリティーは異なるが、その知覚認知、及びに美的秩序の認知のレベルでの深層構造において共通の基盤を持つという仮説(図1参照)を具体的に機序・データおよびにアートとして表現することを目標としてきた。研究の特徴は建築、音楽の関係を建築や音楽自身の構造や素材の問題だけであると考えずに、人間が建築、音楽を身体を通してどのように感じ、体験し、認知するか、認知(科学)的視点を加え、建築、音楽を構造と認知、感覚のレベルにおいてつなぐ方法を模索するものである。

プロジェクトの概要

古代より現代まで建築と音楽は関係づけられて語られてきたが、「凍れる音楽」=音楽という言語表現も単なる比喩であり、この分野における研究は実証性に欠けるとの批判はある。しかしドーリス式の重々しい5本の柱をコントラバスで奏された低い重々しい二分音符5つに対応させたときに感じられる両者に通底する構築感、その対応関係の確からしさは比喩と言う言葉をこえて十分なものであり、比喩とされた言説も実は建築と音楽というモダリティーをこえて我々が仮定する深層構造の共通性を直感的に言い当てていると考えることもできる。(ここでは空間構造を時間構造へ写像しているわけだが、このゲシュタルト的認知は音楽においても基本的な構造認知であり、視覚で捉えられる空間構造である建築のゲシュタルト的認知に対応づける事は可能な対応の一つである。)我々の研究は建築、音楽の関係を建築や音楽音楽自身の構造や素材の問題だけであると考えずに、人間が建築、音楽をどのように体験し、認知するか、つまり認知的視点を加え、建築、音楽を構造と認知のレベルにおいて横断的につなぐ方法に模索するものである。

本プロジェクトの目的はこれまでは思考実験として行われ、実証性に欠けるとされていた研究領域に構成論的なアプローチをもって、くりかえされる実験と仮説をとおして、建築と音楽はモダリティーは異なるが、その知覚認知、およびに美的秩序の認知のレベルでの深層構造において共通の基盤を持つ、という我々の仮説を具体的にデータおよびに芸術表現として検証し、そして、この試みの新規性のゆえに必然的に出会うであろうクロスモダリティーの周辺に広がる新たなアスペクトを発掘しそれらに洞察をくわえ、次のプロジェクトへの突破口をつくっていくことである。

プロジェクトの内容

プロジェクトは我々が開発を続けようやくプロトタイプの段階まで完成した、建築空間と音楽表現を同時生成するコンピュータプログラム(図1,2,3)を使い、建築空間と音楽の認知、体験をつなぐ多次元のマッピングをインタラクティブに探索することにより進められるのだが、以下のような視点、方法に重点をおき研究は行われる。

1)構成論的アプローチ

建築空間と音楽作品を同時生成するコンピュータプログラムを繰り返し使い、目で見、耳で聴きながら両者をつなぐ構造的、認知的仮説を検証、実証する。

2)認知的視点

人間が建築や音楽をどのように体験し、認知するかつまり認知的視点をくわえ、建築、音楽を構造と認知のレベルにおいてつなぐ方法を模索する

3)芸術的、共感覚的視点

建築の美的認知においてその認知の内実は単なる空間認知にとどまる訳ではないことは明白であり、これは音楽においても同様で、それは時間空間の認知をこえマルチモーダルなものになっている。おそらくはこのハミ出した部分こそが両者をつなぐ鍵であり、この共感覚などとよばれる脳内における「複数の感覚の混線」に芸術の根源があるとの指摘もあり(ラマチャンドラン)、その意味で美的秩序、美的判断、アートの領域に踏み込んだ研究方法は実は必要かつ適切なものであると考える

ソフトウェア開発:

研究実験、作品制作用のソフトウェア(GESTALT-EDITOR)は現在、WEBアプリとして開発している。ユーザーはそのアプリを使い建築のエレメント(例えば、柱、床、壁、屋根など)を組み合わせ 建築モデル生成のためのパッチ(プログラム)が作るのだが、それらは3D-CGアニメーションソフト のBLENDERのための3Dモデルとそれを使った画像ファイルを生成する。そしてそのパッチから、音楽、つまり MIDI-Fileと試聴用のサウンドファイル(Mp3)、楽譜(pdf形式)も自動生成される。これらはすべて、WEB上で レンダリングされ、ユーザーにファイルのみが送られる。そしれこれら、音、建築モデルを統合する演奏用ソフトウェアにより演奏、提示される。システムの解説録画@OIST沖縄