歩くコンサート0 伊敷勇琉

タイトル:Air vent tower

作者:伊敷勇琉

鑑賞ページへ(スマホを持って実際に現地で体験)
鑑賞ページへ(スマホやコンピューター画面上でヴァーチャルに体験)

場所:大森駅周辺

解説:「この塔は、台風や大雨のときに下水道管の中を勢い良く流れる雨水により、押されて逃げ場のなくなった空気の圧力を逃がすための施設です。

東京都の大森にある「空気抜き塔」という施設には、そのような説明書きがされている。駅から線路沿いに5分ほど歩いた場所にあるその塔は歩道と公園のそばにいきなり現れる。その唐突な外観と直裁なネーミングに身構えてしまうが、施設の概要としては下水からの空気の圧力を逃すだけで、大雨が降ったとしても、空気が堰を切ったように流れるわけでもなく、いつも静かなままだ。

この作品では、もし空気抜き塔が大きな音を立てて、空気を放出したらどんな音が鳴るのかという想像をもとに、塔の周辺で録音した素材や、大森という土地に関連する音を、大きな風が音を立てて唸っているように加工した。空気抜き塔に近づくにつれて音は次第に大きくなっていく。

 

 

「歩くコンサート0」 へ